欧米食から和食へ|和食がもたらす身体へのメリット

最近では、和食を中心とした食生活を行っている家庭が少なくなっていますが、和食は日本人の体調を管理する上で重要な役割を持っています。今回は和食のメリットを紹介しますね。健康的な生活を送るために参考にどうぞ!

★栄養バランスが良い★

理想的な献立は、昔からよく耳にする一汁三菜です。それにごはんと漬物が加わった食事が日本の伝統的な献立になっているようです。

汁は野菜や海産物、豆腐などを使った味噌汁で、漬物は塩漬けや糖を使って作る糖漬けです。三菜はご飯を食べる際に副菜となり、数多くの品目を取って作りますが、その結果、汁物は食べ過ぎを抑えることができる大きなメリットがあります。

★低脂肪・低カロリー★

伝統的な和食は、米はあたり前ですが穀類や野菜、海藻が主な食材となり、脂肪分は魚介類の良質な油です。肉食文化となっている海外に比べると脂肪分が少なく、カロリーが低いので健康を維持することが出来ます。

★素材を生かす★

和食の食材となるものは、季節ごとに変わってきますが、素材を生かすために薄味でも旬のものは美味しくいただくことが出来ます。また、だしを使うことにより調味料の分量を減らす事ができます。

最近では、海外でも日本の和食が注目を浴びています。海外では、難しいと思っている人も多いと思いますが、今では、和食のお店も沢山あります。日本の主食は米です。また、日本人は発酵食品が好きで、食卓の料理に自然と利用する家庭も多いと思います。例を挙げると味噌も発酵しているのもです。

発酵食品には、病気を予防する効果があり、雑菌効果もあります。肌を綺麗にすることもできて、アンチエイジング効果も期待することができると言われています。毎日食事に手軽に取り入れることができるのはうれしいですよね。

また、海藻類にもミネラルが多く含まれていて、体に必要な栄養素を和食で摂取することができるのです。ワカメなど味噌汁や酢の物に使いますよね。

季節でも沢山の食材がとなり、山に行けば取ることができると言う人も多いと思います。健康的な体を維持するためには、体に良い食事を心掛けることが何よりも重要なポイントになりますが、実際に肉食ではなく体が必要としているものを摂取するようにこころがけるようにしましょう。

家でも和食を心掛けていますが、子供がいる家庭では和食だけでは子供の反応が悪いですよね。なので、ハンバーグなどを作る際には、野菜も多めに食べることができるようにしています。肉を食べる際には、野菜も食べるという習慣も重要になってきます。