私ならこの手術法を選ぶ!わきが手術のマメ知識

ワキガ治療はどんどん進化しており、今までのようにかなり大きな傷が残るような手術ではないらしいのです!私もワキガについては色々調べていますが、従来の手術をした人の脇を見せてもらったところ、明らかに跡が残っているため、さすがに人前で脇を見せることはできないな~と思いました。

今までの手術方法は皮膚科などで受けることができ、重度と判断された人のみ保険の適応が認められているので、自己負担は3割で手術が受けられるのです。しかし、かなり大がかりな方法なので入院も必要になり、学校や会社を欠席することで手術がばれてしまう可能性があるのです。

しかも大きく切るため痛みが伴い、しばらくは腕を動かすたびに痛みが走るそうです・・しかし、ワキガ臭の原因であるアポクリン腺を確実に除去できるために一度手術を受けると一生ワキガとは無縁の生活が出来る点は嬉しいですね!

 

最近はこのような従来の大がかりな手術よりも注射や脂肪吸引、超音波吸引といった少しだけ切開してそこからアポクリン腺を吸引する方法が人気です。これらの方法は痛みが少なく傷跡が目立たないメリットがあり、入院の必要がないため周囲の人にもばれずにワキガ治療が出来るのです。

最近ではレーザー脱毛でワキガ臭が消えたという話をよく聞きますが、本当にこれも効果があると思います。実は私も現在脱毛のためにレーザーを受けていますが、ワキガ臭が全く気にならなくなったのです・・全くそんなつもりはなかったので、毛はなくなるし臭いもなくなる!私にとってまさに一石二鳥になりました。

これは予想外のワキガ改善方法だと思っていましたが、実はワキガで悩んでいる人の間では常識らしく、レザー脱毛をしつつワキガ臭の改善をしたいと思う人が多いそうですが、実際はワキガ臭を改善する前に脱毛に通うことが恥ずかしくてできないそうです・・確かに、施術してくれる人に「臭い」と思われるの嫌ですよね。

もし私がワキガ臭の治療をするなら注射を選ぶと思います。だって一度受けるだけで半年から長い人は一年もずるそうなので、一年に一回受ければ十分ですよね?しかも、値段が安いし五分ほどで完了するので仕事の合間に抜け出して病院に行くなんてこともできちゃいますよね~これが一番楽で精神的な負担も少なくて済むと思います。