わきが・多汗症の人にオススメする湘南美容外科のボトックス注射

ワキガや多汗症の人は、そうではない人には分からない苦労があり、それを周囲の人に相談することすらできないのが辛いところです・・

特に女性の場合、ワキガや多汗症だと言うだけで男性から嫌われるのではないかという恐怖があり、専用のクリームやスプレーで何とか対処している人が多いようです。

しかし、このような方法は根本的に改善することはできないので、塗り続けなくてはならず何かそれができないような出来事に遭遇した場合、どうしていいか分からなくなりますよね?たとえば・・私の友人の話ですが、年末に急にお腹が痛くなり意識を失ったそうです!盲腸で即手術になったのですが、全く準備をしていなかったためもちろんワキガクリームも持たずに入院・・術後は傷口が痛くて動くことも出来ず入浴もできないため、自分でも分かるほどの悪臭が漂っていたそうです。

その時、何が起こるか分からないからクリニックに相談しようと思ったそうです。

確かに、臭いや汗の元から断つような方法を考えないと、急にケアグッズを使うことが出来なくなると困りますからね・・

ということで、ワキガや多汗症の人に人気の湘南美容外科のボトックス注射を受けることにしたそうです。

ワキガや多汗症は手術が必要だと思っていましたが、注射で治療が出来るんですね!できればメスを入れるのは避けたいので、この方法は女性にとってありがたいはず!ボトックス注射をすることでエクリン汗腺の働きを抑制し汗を抑えることができ、当然臭いも気にならなくなります。

実はワキガと多汗症両方の症状を持ってる人は多く、この方法ならどちらにも効果があるため人気があるのです。ボトックス注射は永久的に効果があるわけではありませんが、一回五分ほどの治療で半年から一年はその効果が持続するので、手術をするよりもずっと精神的な負担が少なくて済むのではないでしょうか?

汗をかきにくい秋から冬は治療をお休みして、春になったら一度ボトックス注射を受ける!これで一年中快適に過ごすことが出来るのではあればとても楽で、手術にかかる費用よりもずっと安くできるのも魅力ではないでしょうか?

汗をかかない生活なんて夢のようですが、脇だけではなく手や足の多汗症にも効果があり、自分の汗を抑えたい部分に注射するだけにお手軽な治療方法なのです。

近頃の脇汗パッド|選び方と商品特徴

脇汗や臭いが気になる人は何らかの対策をしていると思いますが、私は消臭効果の高いクリームを愛用しています!しかし、このような塗るタイプは臭いを抑えることはできても汗自体を抑えることが出来ず、大量に汗をかくことで衣類に染みてしまうのです・・

先日も満員電車の中で暑さのためたくさん汗をかいてしまいました。その後食事の約束があったため衣類に汗が染みていないかヒヤヒヤでした。濃い色の服を着ている時ってホント目立つんですよね~本人は気づいていないかもしれませんが、脇部分だけ色が違う人をたびたび見かけます。

そんなことにならないために、今年から脇汗パッドを使ってみようと思います。友人が使っていてすすめてくれたのですが、昔のようにいかにも!という感じではなくかなり進化していてビックリ!

まずは、今まであった汗脇パッドの進化版である小林製薬などから発売されている薄型のシート、これは衣類に貼ることで汗を吸収してくれ、消臭効果も期待できる優れもの、どこでも購入できて比較的経済的なので使いやすさはナンバーワンです。

正直汗脇パッドはこれだけだと思っていましたが、今はエコのことを考えて使い捨てではなく洗って何度も使うことが出来る布タイプもあり、肌が弱い人でも安心して使うことができるそうです。汗脇パッドのような薄型の紙って意外とかゆみを感じる人が多いようです。

また、これが一番驚きたのですが、なんと脇に直接貼るタイプの脇汗パッドが登場したのです!って知っている人も多いと思いますが、これすごいですよね・・色々なメーカーから発売されていて、水分を通さないフィルムを貼ることで衣類に汗が染みないそうです。

でも、これって汗どこに行っちゃってるの?肌には少し良くない気がしますが、短時間なら平気なのかな?貼っていることを忘れるくらい自然で、見た目も変わらないのでちょっと見えてしまっても大丈夫です。消臭効果はほとんどないので、ワキガの人には不向きかもしれませんね・・

 

このように、脇汗が気になって仕事やデートに集中できない人にとってはすごくいい商品がたくさん発売せているので、もう衣類への汗染みなんて気にしなくても大丈夫ですね。

私は一般的なシートタイプの汗脇パッドを使いたいと思います・・もちろん洗って使うタイプも良いのですが、厚みが気になりますし、やはり毎回洗うのはちょっと面倒。フィルムタイプもあまりにも薄くて心配・・使ってみると快適さが分かるのかもしれませんね。